So-net無料ブログ作成

スープも手作り手羽元味噌ラーメン [調理(レシピあり)]

P1095937-8.jpg作り方:
塩麹に漬けておいた手羽元でスープを作る(別記)。
砕いた鷹の爪、つぶして刻んだニンニクを植物油で炒める。
繊維に沿って切ったタマネギを加えて炒める。

麺を茹で始める(タイマー2分にセット)。
手羽元スープと手羽元をフライパンに入れる。
麺のゆで時間残り1分程度で、もやしとちぎったレタス、自家製味噌を入れ、味見。
丼に自家製ナンプラー適量とジンジャーパウダー一つまみを入れておく。

麺が茹で上がったら、湯切りしてスープと共に盛りつける。

余談:
今日はスープを手作りしたので、配合や調味に時間がかかり、若干もたつく展開に。
sさらに盛りつけと撮影がうまくいかず、アワアワしてしまいました。

花型人参は、圧力鍋で煮ているので、形が崩れています。

手羽元スープ作り方:
既に何度かこのブログに載せていますが、パール金属製の圧力鍋で、圧力が高と低の二段階に調整できる5リットル用を使用。
以下の材料を入れ、ひたひたの水を加え、「高」で加圧30分。

手羽元の軟骨を食べない場合は、5~10分程度で充分火が通ります。

手羽元スープ材料:
塩麹漬け手羽元、タマネギ(道産)、人参(道産)、干し椎茸(自家製、道産)、昆布(道産)、粉鰹節、粗塩、酢漬け生姜(自家製)、酢

ラーメンスープ材料:
タマネギ(道産)、レタス(香川産)、ニンニク(富良野産)、鷹の爪(道産)、ナンプラー(自家製)、ジンジャーパウダー(S&B)、手羽元スープ、干し椎茸(自家製、道産)

他に、業務用ラーメン(藤原製麺)、もやし(道産)

再び余談:
フライパンでニンニクを炒める時、鷹の爪を入れたので、食べ始めてすぐ、コショウのようなスパイシーな味が口一杯に広がりました。
辛いものが苦手な人は、省略してください。
しかしながら、味噌ラーメンに一味唐辛子は合うと思いますから、鷹の爪を使っても、いいんじゃないかと……。

ラーメンの「コク」は、ラード等の油分に左右されるように思います。
今回のラーメンは、手羽元から出る油分と、野菜を炒める際に使用した植物油のみ。
ですから、スープ自体がサッパリしています。

今回、自家製味噌は、スープ約300mlに対し、大さじ1杯強入れました。

他にアレンジするとしたら、盛りつけ後、ごま油を少量、香り付けに加えたり、キムチがあれば、ちょっと載せてもいいでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。